生きて、ありがとう。

いっぱい元気をもらった明日香さんのブログ「明日香の日記」、
この日記を書籍として出版するという企画を知ったのは昨年11月25日。
先行発売と共に“追悼イベント”が3月29日に開催されました、
“「たまゆら音律」晴日と明日香 ~心つないで~ ”
ご出演される相曽晴日さん経由で撮影許可をもらい福岡に行って来たよー。
(開催直前に許可を頂いた主催者・関係者様に感謝 お騒がせしました!)

20140329_01

20140329_02 20140329_03

20140329_04

20140329_05 20140329_06

20140329_07

20140329_08 黙祷…
 明日香さんの映像披露、
 プロジェクターに映し出される映像に
 会場内からすすり泣きが響く。

 その後、
 ゆかりのあるゲストのライブスタート
 (ここで当方も涙を払拭っ)。

 ラスト=会場全員で歌うシーンは
 感動的でした!、
 来てよかったー。

20140329_09

20140329_10 20140329_11

20140329_12 20140329_13

20140329_14 明日香さんは数々の伝説を持つ
 “雨女”だそうで… この日も見事に「雨」、
 どう考えても「雨」!。
 で、終演後傘がいらない状態に…
 おてんばな明日香さんは健在なのだー。

翌日は相曽晴日さんに同行しコミュニティラジオ天神(コミてん)へ、
14:00から「miyuki♪スタイル」生放送。
パーソナリティは大島ミユキさん、何と今日が最終回、
で、ゲストが相曽晴日さんって明日香さんの取り持つ縁は凄い。

[▼ 大島ミユキ(foo)さんのブログより抜粋]
憧れのミュージシャンを前に、打ち合わせの段階で既に
ドッキンドッキンで、とにかくしゃべり続ける私(黙ると間が持てなかった・汗)
私が一番初めに出会った曲「コーヒーハウスにて」は
何と、15~16歳で作られたそうでその才能に改めて感動でした。
前日の【明日香さん追悼ライブ】のご縁で、番組へご出演頂く事が出来て
明日香さんにも改めて感謝しています。
[▲]

20140330_01 20140330_02

20140330_03

20140330_04 20140330_05
打ち合わせ〜無事本番終了、
USTREAMでも流れてるから全国からメールがどんどん届く(圧巻)… お疲れ様でした!。

2013年12月14日(土)読売新聞夕刊11面「追悼抄より」(PDF:849KB)

「たまゆら音律」晴日と明日香 〜心つないで〜
ゲスト(上段左からご出演順/敬称略)
柴田有紀(Fl.) 縦石佳久(Gt.) 吉田祥吾(Gt.)
foo(加藤 浩/大島ミユキ)(Vo/Gt.)
藤田結香(Pf.) 藤田彩貴(Vo/Gt.) 相曽晴日(Vo/Pf.)

音響:倉重孝幸
主催:Team Asqua

撮影:3月29 / 30日
撮影協力:吉富麗子 大城ピアノ工房 コミュニティラジオ天神(コミてん)

明日香さんの著書(ブログ)『生きて、ありがとう。』 2014年04月08日 初版第一刷発行
発行:ゆいぽおと
発売:KTC中央出版 定価:本体1,200円+税
ISBN:978-4-87758-447-4
通信販売に関するお問合せ先:info@asqua.com
(上記より通販ご利用の場合、PC発/asqua.comからのメールが受信出来る様にご設定下さい)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*